スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野式製麺機 組立て(後編)

---------------------------------------------------------------------
※一連の作業は、素人の俺が試行錯誤でやってるだけで正しい手順・手法ではありません。
 取り組まれる方は、自己責任に於いて実施してください。
---------------------------------------------------------------------

小野式製麺機 分解
小野式製麺機 清掃・手入れ
小野式製麺機 組立て(前編)

まで行程を進めていたのだが、2週間も放置してしまってた。
そろそろ組み立て完了したい。



木のパーツ。圧延ローラーに合わせながらヤスリで調整してみたんだが、まーこんなもんかな。妥協妥協。


20120930002onoshiki.jpg
20120930003onoshiki.jpg
鋳物の支持パーツをシャフトに通して、コンコンと叩くとスルスルと入っていって難なく収まった。


20120930004onoshiki.jpg
木製パーツを隙間に挿入し、裏から木ネジで留めた。木ネジなんだが、旧パーツのネジに寸法合わせて
買ってきたつもりだったんだが、長かったみたい。
ここはいつでも交換できそうだから、ま~いいか。妥協妥協。


20120930005onoshiki.jpg
鋳物支持部取り付けと同じタイミングで、圧延幅調整機構部にスプリング取り付け。
我ながら、いい具合だなあ~


20120930006onoshiki.jpg
組み込んだ状態で、仮にハンドル付けて廻してみた。油差してないのでキュッキュ言ってるけど
いい具合に廻る。組込みは良好のようだ。


20120930007onoshiki.jpg
ピンを挿入して、メインギアを取り付けた。


20120930008onoshiki.jpg
割りピンで、ギア固定した。メインギアに動力を伝える小ギアも同様に割りピンで固定。


20120930009onoshiki.jpg
裏返して、各ローラーにガイドを取り付けした。


20120930010onoshiki.jpg
20120930011onoshiki.jpg
いや~見えてきた。感動のフィニッシュが。


20120930012onoshiki.jpg
ホッパー取り付け。木製部分は新作。
丸棒を切って軽くヤスリ掛けしただけだけど、なかなか、見ちがえるな~^^


20120930013onoshiki.jpg
引っくり返して、脚取り付け。ボルトはステンレス製の新品を準備してたんだが、
ネジ山のピッチが違ったみたいで、入らなかったので、旧部品を急遽手入れ・洗浄して利用した。


20120930014onoshiki.jpg
やっと全容あらわれた。


20120930015onoshiki.jpg
20120930016onoshiki.jpg
小野式ロゴに塗装。これは完成に向けてやっときたかった。金色ペン買い忘れてたので、
急遽、最寄のドンキに走った。


20120930017onoshiki.jpg
木製のベースを取り付けて、各部に注油して、試運転。小気味よく、いい感じに回る。
ギアがスムースに廻る様をしばらく見入ってしまった。


20120930018onoshiki.jpg
放置期間が長かったが、何とか完成することができた。動きもすばらしくスムース。
メッチャ愛着沸きそうだな~^^


おしまい。



小野式製麺機ネタ
●2012/08/26 : 小野式製麺機 分解
●2012/09/17 : 小野式製麺機 清掃・手入れ
●2012/09/18 : 小野式製麺機 組立て(前編)
●2012/09/18 : 小野式製麺機 組立て(後編)


関連記事
スポンサーサイト

tag : 小野式製麺機

プロフィール

康太

Author:康太
好き:ちょいデロ麺、ちょいクタヤサイ
苦手:ガチゴムブタ、夏

2013年12月31日を以て更新を終了しました。
ご了承下さいませ。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。