スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野式製麺機 清掃・手入れ

---------------------------------------------------------------------
※一連の作業は、素人の俺が試行錯誤でやってるだけで正しい手順・手法ではありません。
 取り組まれる方は、自己責任に於いて実施してください。
---------------------------------------------------------------------

20120826011onoshiki.jpg

前回、小野式製麺機を入手し、分解した。
ナメてしまったり腐ったりしたネジ類と木製パーツの新品が準備できたので、清掃、手入れに取り掛かった。

20120917002onoshiki.jpg
ローラー
汚れと緑青をワイヤーブラシ等の手工具で取り除いた後、中性洗剤で洗浄した。


20120917003onoshiki.jpg
麺ガイド
汚れと緑青をワイヤーブラシ、サンドペーパーで清掃した後、中性洗剤で洗浄した。


20120917004onoshiki.jpg
ギヤ
油ヨゴレとさびが蓄積してたので、スクレーパー、サンドペーパー等で清掃した後、オイル漬けした。


20120917005onoshiki.jpg
シャフト
さびとヨゴレをスコッチブライト、サンドペーパーなどで落とした。
穴に油ヨゴレが溜まってたので、念入りに清掃。


20120917006onoshiki.jpg
木製パーツ
水に漬け込まれていた為なのか、一部、腐って掛けたり毛羽立ったりしてたので、新作した。
撮影時に寸法間違いが判明し、調整予定。


20120917007onoshiki.jpg
ホッパー
軽いヨゴレを中性洗剤で洗浄。シール剥がしたくなかったので慎重に。


20120917008onoshiki.jpg
圧延幅調整機構部
さびを落として清掃。


20120917009onoshiki.jpg
シャフト支持部
さびとヨゴレをディスクグラインダーと手工具で落とした後、塗装。
塗装色は派手に黄色にしようかなと思ったけど、結局、純正よりちょっと濃い目の緑色にした。


20120917010onoshiki.jpg
脚部
さびをディスクグラインダーと手工具で落とした後、塗装。
「小野式」の部分は、後日、既設同様、金色で塗装するつもり。


20120917011onoshiki.jpg
ギアカバー、ハンドル
さび、ヨゴレを手工具で除去した後、塗装。
ハンドルの部分も外して、別のものに変えたかったのだが、外れなくて、そのまま。
いずれ、交換してみたい。


20120917012onoshiki.jpg
ネジ、スプリング、小物類
新品。ホームセンター・ハンズ等で購入。
本当はネジ類はステンレスにしたかったのだが、旧JISネジなどは中々見つからず、売ってる材質で妥協した。
長さがあわないものは、切断するなど加工して使用するつもり。


20120917001onoshiki.jpg
さっさと組み立てて、念願の製麺に入りたいな~



おしまい



小野式製麺機ネタ
●2012/08/26 : 小野式製麺機 分解
●2012/09/17 : 小野式製麺機 清掃・手入れ
●2012/09/18 : 小野式製麺機 組立て(前編)
●2012/09/18 : 小野式製麺機 組立て(後編)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 小野式製麺機

プロフィール

Author:康太
好き:ちょいデロ麺、ちょいクタヤサイ
苦手:ガチゴムブタ、夏

2013年12月31日を以て更新を終了しました。
ご了承下さいませ。

カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。